ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県の病床使用率58・9% 古田知事「自宅療養ゼロの継続厳しい」強い危機感示す

岐阜県の病床使用率58・9% 古田知事「自宅療養ゼロの継続厳しい」強い危機感示す

岐阜県で12日、新型コロナウイルスの新たな感染者が過去最多の134人確認されまし...

 岐阜県で12日、新型コロナウイルスの新たな感染者が過去最多の134人確認されました。

 古田肇知事は記者会見し「自宅療養者ゼロの継続が危ぶまれる状況にある」と病床のひっ迫に改めて危機感を示し、感染の抑え込むため県民に行動の変化を呼び掛けました。

 会見で古田知事は、現在の岐阜県内の病床使用率は58・9%で、過去最高だった1月の65・8%に迫る水準になっていることに強い危機感を示しました。

※古田肇 知事
 「病床については拡充をしてきたので、前回に比べて懐が深くなっているのは事実だが、にも関わらず6割に手が届くところまできている。最大の危機に直面している」

 その上で、自宅療養者ゼロの方針の継続について「より厳しくなっている」との見通しを示し、県民にさらなる感染防止対策の徹底を呼び掛けました。

※古田肇 知事
 「自分自身の命の危機、家族など周りの人たちの命の危機につながることをもう一段深刻に考えていただく必要がある」

関連記事