ニュース

  • ニュース一覧
  • 北ア槍ケ岳で県内男性ら3人死亡、郡上市の野伏ケ岳では男性が行方不明

北ア槍ケ岳で県内男性ら3人死亡、郡上市の野伏ケ岳では男性が行方不明

北アルプス槍ケ岳(やりがたけ)で3日、登山をしていた中津川市の男性ら3人が遭難し...

 北アルプス槍ケ岳(やりがたけ)で3日、登山をしていた中津川市の男性ら3人が遭難し、4日になって全員の死亡が確認されました。

 一方、郡上市の野伏ケ岳(のぶせがたけ)では67歳の男性が行方不明となっています。

 死亡したのは、中津川市の会社員田口貴章さん28歳、土岐市の会社員西尾英昭さん37歳、それに愛知県一宮市の派遣社員二ノ宮宏之さん49歳のあわせて3人です。

 長野県警によりますと、3人は高山市の新穂高登山口から山に入りましたが、3日午後2時半ごろ1人が滑落し、仲間が警察に通報した後連絡が取れなくなっていました。

 田口さんは3日、西尾さんらは4日救助されましたが、いずれも死亡が確認されました。

 現場は3日の午後、吹雪で視界が悪い状況でした。

 一方、郡上市の野伏ケ岳では、東京都の67歳の男性が行方不明になっていて、男性は遭難した可能性があり、警察と地元消防が捜索しましたが、4日は発見できませんでした。

 警察によりますと、男性は4月29日に自宅を出て、5月1日に野伏ケ岳に登ると家族にメールがありましたが、3日になっても帰宅せず、男性の妻が警察に届け出ました。

 警察は5日以降も天候をみながら捜索を続ける方針です。

(画像はいずれも資料です)

関連記事