ニュース

  • ニュース一覧
  • 【29日・市町別詳報】岐阜県で1人死亡、緊急事態宣言解除後最多の72人感染確認 変異株陽性者は14人判明

【29日・市町別詳報】岐阜県で1人死亡、緊急事態宣言解除後最多の72人感染確認 変異株陽性者は14人判明

 岐阜県と岐阜市は29日、新型コロナウイルスの感染者が新たに72人確認されたと発表しました。

 1日当たりの感染者数が70人を超えるのは1月16日以来で、緊急事態宣言解除後で最多です。

 また、70代の男性が死亡し、変異株の陽性者は14人確認されました。

 県内では、新たなクラスター(感染者集団)が2件認定されました。

 羽島市の小学校の関連は、これまでに30代の男性の教諭と児童2人を含むあわせて5人の感染が分かり変異株クラスターに、また、可児市の外国籍家族関連でも6人の感染が判明して、クラスターに認定されました。

 一方、大垣市のデイサービス施設のクラスターでは新たに3人の感染が確認され、規模は43人となりました。

 県内の感染者は合わせて5724人になりました。

 感染者72人の内訳は、岐阜市が14人、大垣市が8人、多治見市・美濃加茂市・各務原市が7人ずつ、可児市が4人、羽島市・岐南町が3人ずつ、瑞穂市・本巣市・養老町が2人ずつ、高山市・中津川市・瑞浪市・郡上市・笠松町・垂井町・大野町・池田町・北方町・坂祝町・八百津町・御嵩町・愛知県が1人ずつです。

 隣県の新規感染者数は、愛知県が430人、三重県が51人です。

 県は28日、変異株陽性率が7割を超えているとして「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請しています。

関連記事