ニュース

  • ニュース一覧
  • 【28日・市町別詳報】岐阜県で56人感染確認 岐阜市の接待を伴う飲食店で2つのクラスター認定

【28日・市町別詳報】岐阜県で56人感染確認 岐阜市の接待を伴う飲食店で2つのクラスター認定

 岐阜県と岐阜市は28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに56人、変異株の陽性者が7人確認されたと発表しました。

 県内の感染者は合わせて5652人に、変異株陽性者は157人となりました。

 新たな感染者56人のうち5人は、岐阜市の接待を伴う飲食店の利用客や従業員とその家族らで、この店に関連する感染者は8人となり、市は新たなクラスター(感染者集団)に認定しました。

 岐阜市内では、別の接待を伴う飲食店など2つの店に関連して合わせて7人の感染が分かり、こちらもクラスターになりました。

 一方、県は東濃地域の宿泊療養施設について、5月から恵那市の恵那峡グランドホテルに代わって、新たに多治見市のトヨタ自動車研修用宿泊施設を利用すると発表しました。

 確保できる部屋は86室増え、県内全体で合わせて627室となります。

 感染者56人の内訳は、岐阜市が15人、大垣市が8人、可児市が5人、各務原市が4人、多治見市・中津川市・川辺町が3人ずつ、瑞穂市・笠松町・養老町・安八町が2人ずつ、高山市・恵那市・美濃加茂市・本巣市・海津市・岐南町・池田町が1人ずつです。

 隣県の新規感染者数は、愛知県が323人、三重県が60人です。

関連記事