ニュース

  • ニュース一覧
  • 春季県高校野球、ベスト4出揃う 市岐阜商業が「岐商対決」制す

春季県高校野球、ベスト4出揃う 市岐阜商業が「岐商対決」制す

 春季県高校野球大会は25日、岐阜ファミリーパーク野球場で準々決勝残り1試合が行われ、市岐阜商業が6対3で県岐阜商業を下し、準決勝進出を決めました。

 この結果、29日の準決勝は市岐阜商業対中京、もう一試合は岐阜第一対大垣商業となりました。

 雨による日程変更で準々決勝残り1試合は「岐商対決」となり市岐阜商業が初回に田近のタイムリーで1点を先制し、2回には野選で1点、3回には県岐商先発野崎を捉え野田の右中間タイムリーなど5連打で一挙4点を奪い6対0とリードしました。

 県岐阜商業は市岐阜商業先発の左腕田近のスローカーブとテンポのいい投球に5回までノーヒットに抑えられ、8回に中西の犠牲フライと松野の2点タイムリーで3点を返しますが、田尻をリリーフしたエース高橋に抑えられ結局6対3で市岐阜商業が勝ってベスト4進出を決めました。

 市岐阜商業の北岡監督は「県岐商と試合がしたかった。3回はラッキーなヒットも続いたが、振り切れていた証拠。次も(中京)大変ですが、頑張ります」と喜びを語りました。

 一方、県岐阜商業はこの試合4安打3点、田近、高橋に対して12フライ。県岐阜商の先発野崎は波に乗れないまま6回を投げて被安打9、三振6、6失点のピッチングでした。鍛治舎監督は無言で球場を後にしました。

関連記事