ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県各務原市長選挙告示、現職と新人の争い 今月25日投開票

岐阜県各務原市長選挙告示、現職と新人の争い 今月25日投開票

 任期満了に伴う岐阜県各務原市の市長選挙が18日告示され、2人が届け出て現職と新人の一騎打ちとなる選挙戦に入りました。

 立候補を届け出たのは、自殺防止団体の代表などを務める無所属の新人杉山均さん64歳、自民、公明が推薦し、3回目の当選を目指す無所属の現職浅野健司さん49歳の2人です。

 杉山さんは第一声で新しい体育館の建設などに反対し、「人の命を守るのが政治家の仕事」と強調し、市内で自殺者が出たら市長の給与をカットすることを公約に掲げ、「みなさんの気持ちを代弁して実現していきたい」と訴えました。

 一方、浅野さんはワクチン接種をはじめとする新型コロナウイルス対策に加え、産業振興や教育になどに注力するとし、「ずっとこのまちで住み続けたい、働きたい、子育てをしたいという人を増やしていきたい」と訴えました。

 各務原市長選挙は今月25日に投票、即日開票されます。

関連記事