ニュース

岐阜市の高齢者施設でコロナワクチン接種進む

4月12日に始まった65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの優...

 4月12日に始まった65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの優先接種が、岐阜市の高齢者施設で進んでいます。

 岐阜県内では岐阜市が最も早く、12日から高齢者向けのワクチン接種が始まり、市は高齢者施設の入所者から接種を進めています。

 このうち岐阜市の介護老人保健施設「寺田ガーデン」では、15日午後、接種が始まりました。

 入所者と従業員合わせておよそ230人が接種を受けるということです。

 市によりますと、15日までの4日間で3つの高齢者施設で合わせて240人が接種を受け、これまでに副反応は確認されていないということです。

 施設に入所していない市内の一般の高齢者への接種は、5月22日から始まる予定です。

関連記事