ニュース

  • ニュース一覧
  • 【15日】岐阜県で34人感染確認、変異株検査で14人陽性 新たに3つのクラスター発生

【15日】岐阜県で34人感染確認、変異株検査で14人陽性 新たに3つのクラスター発生

 岐阜県と岐阜市は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに34人、また変異株検査で14人が陽性だったと発表しました。

 県内のクラスター(感染者集団)は新たに3件発生しました。

 このうち美濃加茂市の職場に関連して外国籍の男女6人の感染が判明し、変異株検査で陽性の患者もいることから、県内では8件目の変異株クラスターと認定しました。

 また、土岐市の友人らに関連した6人のクラスターと、美濃市の親族5人のクラスターがそれぞれ認定されています。

 このほか可児郡御嵩町の教会で行われたイースター(復活祭)行事への参加者のクラスターでは、参加者の家族の職場などで新たに5人確認され、規模は25人となりました。

 感染者34人の内訳は、岐阜市・中津川市が5人ずつ、美濃市・可児市が4人ずつ、関市・美濃加茂市が3人ずつ、土岐市が2人、高山市・多治見市・瑞浪市・恵那市・羽島市・揖斐川町・岐南町・養老町が1人ずつです。

 県内の感染者は5124人、変異株陽性者は99人となりました。

関連記事