ニュース

  • ニュース一覧
  • 【13日・市町別詳報】岐阜県で35人感染確認、緊急事態宣言解除後で最多 新たに2つのクラスター認定

【13日・市町別詳報】岐阜県で35人感染確認、緊急事態宣言解除後で最多 新たに2つのクラスター認定

 岐阜県と岐阜市は13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに35人確認されたと発表しました。

 感染者が30人台となるのは2月5日以来で、緊急事態宣言の解除後では最多。新たにクラスター2つが認定されました。

 感染者の内訳は、岐阜市が6人、土岐市が5人、大垣市・可児市が3人ずつ、美濃加茂市・瑞浪市・養老町が2人ずつ、高山市・関市・多治見市・中津川市・美濃市・恵那市・各務原市・瑞穂市・本巣市・岐南町・神戸町・愛知県が1人ずつです。

 県内の感染者は合わせて5063人になりました。

 隣県の新規感染者数は、愛知県が168人、三重県が23人です。

関連記事