ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜市の新庁舎で完成式典 金華山や長良川を一望できる展望スペースも

岐阜市の新庁舎で完成式典 金華山や長良川を一望できる展望スペースも

老朽化に伴って建設された岐阜市役所の新しい庁舎が完成し9日、記念式典が行われまし...

 老朽化に伴って建設された岐阜市役所の新しい庁舎が完成し9日、記念式典が行われました。

 岐阜市役所の新しい庁舎は、地上18階建て延べ床面積およそ4万平方㍍で、これまで分散していた庁舎の機能が集約されました。

 式典はコロナ対策で2回に分けて行われ、関係者あわせておよそ200人が出席しました。

※柴橋 正直市長
 「この市役所に行政サービスを受けるということだけではなく、多様な市民の皆さまの集う場として、この新庁舎をぜひ開かれた庁舎として活用していただきたい」

 式では、県の古田肇知事や野田聖子衆議院議員らがテープカットをして完成を祝いました。

 市民窓口は1階から3階で、1階の総合窓口では出産や転居などの手続きがワンストップで受けられ、市民の利便性が高まります。

 15階と17階には金華山や長良川を一望できる展望スペースがあり、市民に親しまれる市役所を目指します。

 また、災害対策本部の会議室が常設され近年多発する災害に備えます。

 総事業費はおよそ270億円です。新庁舎は5月6日から利用できます。

関連記事