ニュース

  • ニュース一覧
  • 東海3県の公立で初 岐阜市に不登校特例校「草潤中学校」開校

東海3県の公立で初 岐阜市に不登校特例校「草潤中学校」開校

東海3県の公立学校では初めてとなる、不登校の生徒を対象にした岐阜市の「不登校特例...

 東海3県の公立学校では初めてとなる、不登校の生徒を対象にした岐阜市の「不登校特例校」が7日、開校式と入学式を迎え、3学年で40人の生徒が入学しました。

 岐阜市の不登校特例校・草潤中学校は、年々増加する不登校の生徒の学びの場を確保するため新たに設置されました。

 新2年生、新3年生の転入も含む3学年で40人の生徒が入学し、入学式では井上博詞校長が「公立学校の在り方に一石を投じる未来の学校であり、生徒の未来を切り開く学校です」と生徒を歓迎しました。

※転入した新3年生
 「(Q.学校に来るのはいつ以来)1年ぶりですかね。勉強とかいろいろ日々のストレスでちょっと精神的にまいってしまった。ただ学校自体が大嫌いなわけではないのでもう一度チャンスをということでここに来ました」

※保護者
 「ずっと探していた学校がやっと岐阜にできて、そこに子供が行けるということですごく嬉しかった。見守って全力でサポートしたい」

 学校に制服はなく、テントやハンモックがある図書室や大きなソファが置かれた教室など、「学校らしくない学校」をコンセプトに運営され、授業もオンラインなどを活用して週に数日登校するコースなどが選べるということです。

関連記事