ニュース

  • ニュース一覧
  • 【5日】岐阜県で新たに5人の変異株陽性判明 県担当者「すでに一定程度、出回っている可能性」

【5日】岐阜県で新たに5人の変異株陽性判明 県担当者「すでに一定程度、出回っている可能性」

 岐阜県と岐阜市は5日、新型コロナウイルスの感染者が新たに11人確認され、1人が亡くなったと発表しました。変異株の陽性判明は5人でした。

 死亡したのは新型コロナに感染して入院していた各務原市の90代の男性です。

 また、可児市の職場に関連するクラスター(感染者集団)で、新たに1人の陽性が確認され、規模は11人となりました。

 感染者11人の内訳は、関ケ原町3人、岐阜市・各務原市が2人ずつ、高山市・美濃加茂市・可児市・瑞穂市が1人ずつです。

 一方、変異株について、5日に陽性が確認された5人は、いずれも海外渡航歴はなく、県の担当者は「感染経路不明が多いことから、すでに一定程度の変異株が出回っている可能性がある」としています。

 県内の感染者は合わせて4905人に、死者は128人となり、変異株の陽性者は52人となりました。

関連記事