ニュース

  • ニュース一覧
  • 日本三大桜の「淡墨桜」が満開 高山では去年より1週間早く開花

日本三大桜の「淡墨桜」が満開 高山では去年より1週間早く開花

日本三大桜の一つに数えられる岐阜県本巣市の国天然記念物、淡墨桜が満開です。 一方...

 日本三大桜の一つに数えられる岐阜県本巣市の国天然記念物、淡墨桜が満開です。

 一方、高山市の市街地の桜も例年より1週間ほど早く開くなど、県内の桜前線は駆け足で北上しています。

 本巣市根尾板所にある淡墨桜は、樹齢1500年以上と言われるエドヒガンです。 

 散り際に花が淡い墨色を帯びることから淡墨桜と名付けられていて、いまちょうどその時期です。

 見頃は今週いっぱいということで2日、多くの人が訪れていました。

 一方、高山市の中心市街地にある観光名所・中橋のたもとのソメイヨシノは1日に開花しました。

 こちらは市が基準としている桜で去年より1週間早く、2013年以降では、最も早い開花となりました。

 飛騨地域はこれから本格的な桜シーズンを迎えます。

関連記事