ニュース

  • ニュース一覧
  • 下呂市消防団が国土交通大臣表彰を受賞 7月豪雨で被害軽減に貢献

下呂市消防団が国土交通大臣表彰を受賞 7月豪雨で被害軽減に貢献

2020年7月の豪雨災害で浸水被害の軽減などに貢献したとして、下呂市消防団が国土...

 2020年7月の豪雨災害で浸水被害の軽減などに貢献したとして、下呂市消防団が国土交通大臣表彰を受けました。

 岐阜県下呂市では2020年7月、「大雨特別警報」が出され、多くの家屋に土砂が流入したり、国道41号線が崩落したりする甚大な被害を受けました。

 その際に下呂市消防団は団員延べ1800人余りが8日間にわたって、土のうを積んだり、浸水した住宅から排水活動を行ったりしたほか、住民の避難誘導なども行い被害軽減に貢献しました。

 表彰式は下呂市役所で行われ、市消防団の無笹聡団長に中部地方整備局木曽川上流河川事務所の高橋裕輔事務所長から、赤羽一嘉大臣名の表彰状などが贈られました。

※下呂市消防団 無笹聡団長
 「(災害時に)いかに団員が団結して行動できるか、表彰に恥じないよう活動していきたい」

関連記事