ニュース

  • ニュース一覧
  • 【31日】岐阜県で1人死亡、16人感染確認 可児市で新たなクラスター

【31日】岐阜県で1人死亡、16人感染確認 可児市で新たなクラスター

 岐阜県と岐阜市は31日、新型コロナウイルスの感染者が新たに16人確認され、変異株に感染していた羽島郡笠松町の70代女性が亡くなったと発表しました。

 また、県の検査で変異株の陽性者が新たに8人判明しました。

 新たな感染者16人のうち、可児市の職場絡みで5人の感染が分かり、県はクラスター(感染者集団)に認定しました。

 一方、大垣市の職場や接待を伴う飲食店関連の変異株クラスターでは新たに2人の陽性が分かり、規模は9人に拡大。

 さらに関市などの3家族の飲食によるクラスターも1人増え、規模は11人となりました。

 人工呼吸器が必要な重症者は30日から1人増え、現在3人です。

 県内の感染者数は合わせて4840人に、死者は125人となり、変異株の感染者は44人となっています。

関連記事