ニュース

飛騨のお米をパックでお届け 消費拡大へ期待

新型コロナウイルスの影響でコメ余りがいわれるなかで、飛騨地域で生産されたコシヒカ...

 新型コロナウイルスの影響でコメ余りがいわれるなかで、飛騨地域で生産されたコシヒカリを使ったパックご飯の販売が始まり、消費拡大へ期待が寄せられています。

 パックご飯「低温製法米のおいしいごはん飛騨こしひかり」は、飛騨こしひかりの1等米を100%使い、保存から精米まで低い温度を保つことでコメの甘味を引き出して炊き上げられた新商品です。

 開発に携わった高山市とJAひだ、それにアイリスフーズの代表者らがそれぞれ、商品開発の経緯や特長を説明。

 國島芳明市長は「海外での販売も視野に、飛騨の米を知ってもらうきっかけにしたい」、JAひだの谷口壽夫代表理事組合長は「付加価値をつけての発売。おいしさを各地に広めたい」とそれぞれ意気込みました。

 中部や関東地方のスーパーのほか、大手通販サイトなどでも販売されています。

関連記事