ニュース

  • ニュース一覧
  • ウィズコロナ時代に対応 食品事業者向けオンライン商談会

ウィズコロナ時代に対応 食品事業者向けオンライン商談会

ウィズコロナ時代に対応して、食品関連事業者がオンラインで商品を売り込む商談会が、...

 ウィズコロナ時代に対応して、食品関連事業者がオンラインで商品を売り込む商談会が、愛知県名古屋市で行われました。

 商談会は中部電力ミライズなどが、名古屋市で3月にオープンした「食の未来」をテーマにした複合施設「BAUM HAUS」で開き、岐阜と愛知の両県から食品の製造や販売を手掛ける14社が参加しました。

 参加企業の担当者は、ショッピングモールの関係者と画面を通して対面し、自社の商品を積極的にPRしました。

※参加企業の社長
 「声もよく聞こえて、相手の要望もよく理解できたので、オンラインであってもしっかりとPRできたと思う」

 また、会場では6月に義務化される食品衛生の国際基準「HACCP(ハサップ)」に関する相談会もあり、担当者はアクリル板越しに専門家に質問していました。

関連記事