ニュース

  • ニュース一覧
  • 食と農業への理解深めて JA岐阜信連、県に子ども向け教材本贈る

食と農業への理解深めて JA岐阜信連、県に子ども向け教材本贈る

子どもたちに食と農業についての理解を深めてもらおうと、JA岐阜信連から岐阜県に教...

 子どもたちに食と農業についての理解を深めてもらおうと、JA岐阜信連から岐阜県に教材本が贈られました。

 この取り組みはJAバンクが2008年から行っています。

 県庁で贈呈式が開かれ、JA岐阜信連の櫻井宏経営管理委員会会長が「次の世代を担う子どもたちに農業への理解を深めて欲しい」と話し、安福正寿教育長に目録を手渡しました。

 贈られたのは、小学校高学年向けに作られた教材本「農業とわたしたちのくらし」およそ2万1600冊とDVDです。

 日本の農業の特色や農産物の生産過程などを、統計やイラストを使って紹介していて、子どもたちが、農業と自分たちの暮らしがどのように関わっているか主体的に学ぶことができます。

 この教材は、県内の小学校合わせて369校の5年生と、希望する特別支援学校などに、贈られます。

関連記事