ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県の天然記念物「シデコブシ」見ごろ 白やピンクの花咲かせる"生きた化石"

岐阜県の天然記念物「シデコブシ」見ごろ 白やピンクの花咲かせる"生きた化石"

白や淡いピンクの花を咲かせて「生きた化石」と呼ばれるシデコブシが、岐阜県中津川市...

 白や淡いピンクの花を咲かせて「生きた化石」と呼ばれるシデコブシが、岐阜県中津川市の群生地で見頃を迎えています。

 シデコブシはモクレン科の落葉木で、春に細長い花びらを付けた白や薄紅色の花を咲かせます。

 東海地方の限られた地域だけに自生し、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されています。

 中津川市千旦林にある県の天然記念物「岩屋堂シデコブシ群生地」では、およそ2200平方㍍の湿地に生えるシデコブシの白い花が青空によく映え、春の訪れを感じさせました。

 保存会の関係者によりますと、遊歩道を補修したことしは例年より1週間ほど開花が早く、3月末には満開になるのではと話しています。

関連記事