ニュース

  • ニュース一覧
  • 県岐阜商、市立和歌山に0-1で惜敗 選抜高校野球

県岐阜商、市立和歌山に0-1で惜敗 選抜高校野球

 選抜高校野球大会は23日、甲子園球場で1回戦が行われ、県立岐阜商業は市立和歌山と対戦しましたが0対1で敗れ、初戦で姿を消しました。

 試合は県岐商の野崎、市立和歌山の小園の両エースが互いに持ち味を発揮し、両チームとも無得点のまま最終回を迎えます。

 1アウト1塁・2塁のピンチを迎えた県岐商は、2人目の松野がタイムリーヒットを打たれ、サヨナラでの初戦敗退となりました。

 攻撃では小園にヒット4本に抑えられ、得点することができませんでした。

 鍛治舎巧監督は「小園の変化球に対応できなかった。チャンスで攻めきれなかったので夏に向けての課題として取り組みたい」と話し、高木翔斗主将は「対応力がなかった。大会中止になった去年の先輩の思いも背負って戦ったので悔しい」と初戦敗退に肩を落としていました。

関連記事