スマートフォンサイトはこちら

Home
【出 身 地】 愛知県名古屋市
【誕 生 日】 11月28日(いて座)
【血 液 型】 A型
【趣味特技】
アニメ・特撮ヒーロー番組・キャラクターショー観賞、カラオケ、コスプレ
【自己PR】
岐阜のいろいろな人・物・場所に出会い、「伝える力」を育てていきたいです。
【出演番組】
お茶の間ステーション2時6時Station!、NEWSぎふチャン

■瑞浪市&岐阜市のリポートです♪(6月26日)

みなさん、こんにちはー!
梅雨入りしましたが、今年は雨が少ないですね。
各地を飛び回る身としては薄曇りくらいの天気が過ごしやすいものの、農家などに行くと「しっかり雨が降って日が照らないといい作物ができない」という声をよく耳にします。
雨で憂鬱な日も、おいしい作物、美しい花をもたらしてくれる恵みの雨だと思えば気持ちも和らぎます♪

☆4月27日 2時のリポート☆
「ちょっと贅沢な“みずなみプリン”誕生!」

null
きなぁた瑞浪では、「農家の庭先モール」というコンセプトのもと、農家の皆さんが大切に育てた“安心・安全・新鮮”な地元農産物を販売しています。この春、中京学院大学と和洋菓子店三乃月の共同開発による「みずなみプリン」が販売開始しました。

毎週土日、2日間で30個の限定販売です。瑞浪産卵と和紅茶澪を使い、プリンの上には和紅茶のジュレがトッピングしてあるとっても贅沢な一品。

プリンの器にもこだわり、みずなみ焼きを使用したプレミアムプリンと、美濃焼に入ったプリンの二種類があります。スタッフの伊藤さんによると、土曜日の午前中で売り切れてしまうこともあるそう。器だけでもお得な逸品、ぜひ早めに並んで食べてみてくださいね♪

【きなぁた瑞浪】
 瑞浪市土岐町6059
 0572−26−8617

☆4月27日 3時のリポート☆
「瑞浪市民公園 こいのぼり祭」

瑞浪市民公園で開かれた「瑞浪市民公園こいのぼり祭」について、瑞浪市化石博物館学芸員の安藤さんとお伝えしました。青空に泳ぐ160匹のこいのぼりは壮観でした!

毎年恒例のこいのぼり祭で掲げられるこいのぼりは、主に市民の皆さんから寄贈されたもの。周辺の文化施設、瑞浪市化石博物館、陶磁資料館、市之瀬廣太記念美術館、地球回廊とも連携した一大イベントです。瑞浪市民公園には豊かな自然と様々な施設があるのでぜひご家族でお出かけください。こいのぼり祭に出演していた瑞浪バサラも今度ゆっくり見てみたいです!!

【瑞浪市民公園】
 瑞浪市明世町戸狩
 0572−68−7710(瑞浪市教育委員会 スポーツ文化課)

☆5月4日 2時のリポート
 「キューブ空間に広がる現代アート」

岐阜県美術館で開催された「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」の会場からお伝えしました。

岐阜県が新たに開設した企画公募展で、3年に1度の開催を目標とし、今回がその第1回目となります。公募テーマ「身体(しんたい)のゆくえ」に沿って、4、5メートルのキューブ空間に表現された作品が15点揃いました。

岐阜県出身の平野真美さんの「蘇生するユニコーン」はユニコーンが集中治療室のような場所で横たわっている作品です。感性を揺さぶられる個性豊かな作品が並び、とても面白い体験でした。岐阜県文化創造課の森田さんによると、通常の展示に比べ男性の来館者も多いとのことでした。

【岐阜県美術館】
 岐阜市宇佐4−1−22
 058−271−1313

☆5月4日 3時のリポート☆
 「こどもの日には柏餅!」

null
うかがったのが5月5日の端午の節句前日ということで、柏餅についてお伝えしました!緑水庵の柏餅は3種類あり、白の粒あん、よもぎのこしあん、ピンク色の京白みそあんです。

京白みそあんの柏餅は初めて食べましたが、花びら餅のような上品な風味で、ほのかな塩気がとてもおいしかったです。女将の藤吉さんに、鯉の形のおまんじゅう、兜や菖蒲の形の練り切りなどもご紹介いただきました。昔と比べると大々的に端午の節句を祝う家庭は減ったものの、緑水庵のお菓子はSNS映えすると人気だとか♪

【緑水庵 本店】
 岐阜市折立962
 0120−641−661