オカダミノルの黄昏ないday!Sunday

  • 番組公式サイト
  • 番組公式ツイッター
  • メッセージ/リクエスト
  • プレゼント応募

番組概要

日曜ごご4時~5時25分放送


【FAX】 058-264-1199


【ハガキ】 〒500-8588
      ぎふチャン「黄昏ないday!Sunday」係


【メール】 tasogare@zf-web.com


「もう日曜日が終わっちゃう!」という切なさと、「人生まだまだ黄昏ないぞ!」の願いを込めた、85分間の生放送。黄昏時にピッタリの名曲リクエストコーナーから、弾き語りのミニミニLiveまでテンコ盛りでお届けします!

お知らせ

【番組スケジュール】

16:10 道路交通情報(岐阜センター)


16:14 國六お家に帰ろう


16:25 田邊女将の「おめも高山来てくれんかな」


16:40 黄昏ミニ・ライブ


16:55 NEWSぎふチャン


17:00 妖精がささやく!たそがれの入鹿池(第1・3週)


17:10 今日のサンセット・メロディー



「明朝新聞」 離れて暮らす娘に送った132通のハガキの物語

この「明朝新聞」は、2001年の年明けから、ぼくが毎日毎日、当時小学1年だった娘に東京から送った、132通のハガキの物語です。

当時ぼくは単身で東京に住まい、中目黒にあったマツカンパニーで、TVドラマのシナリオを書いていた時代でした。
離れて暮らす娘に、最初の頃は毎日電話をして、その日一日の出来事を聞いたりしていたものでしたが、せっかくだから娘が主人公で、実際の娘の同級生たちが物語に登場する、そんな冒険小説をハガキに書いて、送ってやろうと思い立ったものです。

ハガキ一枚に描ける文字数には自ずと限界があり、小学1年の娘が読むことを考えると、漢字にもほとんどルビを振らねばなりませんでした。それでも、多少は娘の漢字の勉強になったらいいなと、そんな風に思いながら書き上げたのが、この「明朝新聞」です。

約半年近く続いた132通のハガキは、娘が大切に今でも保管してくれていました。
作品の良し悪しについての感想は、いまだ何も聞かされていない気がいたしますが・・・(汗)。

この「明朝新聞」の132通の連載が終わった頃、ぼくの父であり、娘にとっての祖父が、いみじくも身罷ってしまったのも、今となっては忘れられない思い出でもあります。ぜひ、童心に帰って、お読みいただければ幸いです。

オカダミノル

「明朝新聞」はこちらをご覧ください


Music Information

番組で紹介しているパーソナリティ オカダミノル作詞・作曲の楽曲の歌詞情報はこちらをご覧ください。

紫陽花の花嫁

After You

雨のメモワール

ありがとうエミリー

All for you

哀しいほど君が好き

金糸雀

奇跡の泪

君が生まれた夜は

君だけに贈る Love Song

君だけにMorning

君にサヨナラ

君の楯となり

君は夏の女神

君への讃歌

君を手に入れるなら

君を乗せた船

くされ縁

心の扉

五条川

最後のプロポーズ

桜風

三寺まいり

SORANE

だからもう

TASOGARE

誰よりも誰よりも

TOKYO SILHOUETTE

どんなに遠い君への道でも

夏花火

泪にcheers

願い星

八幡様のお百度

花 筏

フィナーレ

ふたりの長良川

ぼくらの昭和がらくた劇場

まあちゃんのママゴト

Mammy's forest

守ってあげる

Marionette

未知しるべ

もしも生まれ代われたなら

夢なら醒めないで

宵火垂る


オカダミノル4thアルバム「三寺まいり」好評発売中

【お求め先】
・名音堂(岐阜市長良191)
・松栄堂楽器(岐阜市神田町1-8-3)
・吉村ミュージックセンター(高山市朝日町24)
・サウンド・ハンター(各務原市那加桜町1-122)
・電波堂(大垣市郭町1-43)
・ダイソー楽器(中津川市太田町2-2-32)
ぎふチャンショップ 各店舗
・ぎふチャン本社受付
カフェレストラン La Station

PickUp

テレビ 8ch
ラジオ AM 1431kHz / FM 90.4MHz

▲ページトップへ戻る