スマートフォンサイトはこちら

Home > 趣味/教育|ぎふチャン > キテミテ学校

■みらい創立キテミテ学校 2017年7月放送



岐阜県内の学校を訪問して「未来を担う子どもたち」の元気な姿をお届け。テーマは「ふるさと」「自然環境」「グローバル」「食育」などなど・・・。1か月にわたってさまざまな切り口で、一つの学校を紹介します。子供たちが学校で取り組んでいるいろんな活動を紹介しながら、未来を担う岐阜の子どもたちの生き生きとした表情をお伝えします。



★7月は「大垣市立一之瀬小学校」を紹介!



1時間目(7月1日)


学校の歴史や全校で取り組んでいる
特色ある活動について、校長先生に
話を聞く。

【出演】
浅野哲男(大垣市立一之瀬小学校校長)
大垣市立一之瀬小学校の皆さん
【リポーター】林真美

【7月1日の内容】
岐阜県の南西端、上石津町にある全校児童34名の一之瀬小学校。「仲よく 進んで やりぬく子」を教育目標に、自然の中で地域に支えられながら活き活きと学んでいる。今回は、校長先生に学校の特徴を聞き、子どもたちに校歌を歌ってもらう。




2時間目(7月8日)



学校の様々な自慢を紹介。
何か一芸に秀でた小学生の特技披露や
岐阜県一のクラブ活動、他にはない
ユニークな授業、素晴らしい校舎など
内容はなんでもOK。
大いに学校の自慢を紹介します!

【7月8日の内容】
全校児童34名という小規模校の一之瀬小学校では、集団の中で自分の思いや気持ちを堂々と話す力が弱い傾向にあった。そこで、表現力を養うために、37年前から「皆読皆話(かいどくかいわ)」という授業を続けてきた。いったい、どんな授業が行われているのか?




3時間目(7月15日)



子どもたちの大好きな給食の時間!
地域の食材や郷土食を取り入れたメニュー
などを紹介しながら、県内各地の食文化を
学ぶ子どもたちの様子を伝えます。

【7月15日の内容】
「朝ごはんを食べよう」というテーマの2・3年生の食育授業を紹介する。低学年のうちに学んでほしい、大切な食習慣のお話。どんな授業が行われるのか?




4時間目(7月22日)



「ふるさと学習」や「自然環境活動」など
各学校で取り組んでいる特色ある活動を
紹介します。
自分のふるさとのことを知ったり、
身近な自然環境を学習する子どもたちの
イキイキした表情をお伝え。

【7月22日の内容】
一之瀬小学校の児童たちに人気のふるさと学習のひとつが、27年間続けられている「炭焼き体験」。焼き上がった炭を取り出す窯出しの日の模様をお伝えする。




5時間目(7月29日)



「ふるさと学習」や「自然環境活動」など
各学校で取り組んでいる特色ある活動を
紹介します。
自分のふるさとのことを知ったり、
身近な自然環境を学習する子どもたちの
イキイキした表情をお伝え。

【7月29日の内容】
一之瀬小学校の全校児童で月に1〜2回行われているのが、ボイストレーニングと呼ばれる合唱の取り組み。地域の夏祭りで披露する新曲の練習の模様を紹介する。