スマートフォンサイトはこちら

Home > ドキュメンタリー/教養|ぎふチャン > MADE IN GIFU

■MADE IN GIFU〜世界に誇る12の技〜 シーズン4





毎月最終月曜 よる9時54分〜10時放送 (第2月曜再放送)


世界に負けない、岐阜のオンリーワンの企業を紹介。
番組の主役は、そんな企業が、その技術力、発想力を結集して生み出した「MADE IN GIFUのモノたち」。「最先端技術から伝統技法」、「最新ファッションから伝統芸能」日本の産業、文化を支える、そんな職人や担い手たちの「技」を通じて、岐阜の風土で生み出される「メイドインギフ」の商品の魅力に光を当てます。番組では毎月1つずつそんな商品をピックアップし、1年で12の商品を紹介します。

過去に放送したシリーズはコチラ
〜世界に誇る12の技〜 【シーズン3】
〜世界に誇る12の技〜 【シーズン2】
〜世界に誇る12の技〜 【シーズン1】
〜世界に負けない12の商品〜 【シーズン2】
〜世界に負けない12の商品〜 【シーズン1】



2月27日(月) 「カネコ小兵製陶所 ぎやまん陶」


美濃焼の産地として栄えた、土岐市下石(おろし)町にある創業97年のカネコ小兵製陶所。元々日本一の生産量を誇る徳利の専業メーカーでしたが、今ではさまざまなオリジナル食器を生み出しています。
その中でもひと際人気を誇るのが、“ぎやまん陶”。これまでの陶器には無かった独特の色合いが特徴です。最大の特徴は、透明感を持った美しい色合い。江戸時代のガラス製品を、ぎやまんと呼んでいたことから命名されました。
番組では、“ぎやまん陶”の製造工程を社長や職人のインタビューを踏まえて紹介します。 (再放送:3月13日)

1月30日(月) 「株式会社ツカダ Key-Quest(キー クエスト)」


創業47年、関市の特産品の包丁やハサミなど刃物製品のプレス加工を行っている金属加工メーカーのツカダ。そして、昨年関の刃物技術を生かして作られたマルチツールKey-Quest(キー クエスト)を発売。
“Key-Quest”は、名前の通りカギの形の中に6つの機能を詰め込んだ製品。機能は、カートンオープナや糸切りに便利なラインカッターなど。
番組では、ツカダの新商品“Key-Quest”の製造工程を、社長や技術者のインタビューを踏まえて紹介します。 (再放送:2月13日)

12月26日(月) 「有限会社シオン “Still”(スティル)」


一度回すと15分以上も回り続けるという金属製のコマ、NEIGHBOR(ネイバー)“Still”(スティル)。美濃市にある精密金属加工メーカーのシオンが手掛ける商品です。“Still”(スティル)は、全国の中小企業が参加し、しのぎを削る全日本製造業コマ大戦で優勝したコマのDNAを受け継ぐものです。
番組では、有限会社シオンの「精密コマ“Still”」の製造過程を社長や技術者のインタビューを踏まえて紹介します。
(※よる11時3分からの放送となります。再放送は1月9日。)

11月28日(月) 「山田木管工業所 オリジナル額縁」


手ぬぐいや 神社の御札、そしてユニホームまでさまざまなものを納める額縁。絵や賞状を納めるのとは違うこだわりの製品を制作しているのは、山県市にある山田木管工業所。
山田木管工業所の高い技術があるからこそ生まれるこだわりの製品。番組では山田木管工業所の「オリジナル額縁」の製造過程を、社長や技術者のインタビューを踏まえて紹介します。 (再放送:12月12日)

10月31日(月) 「仁太郎 栗きんとん」


秋のこの時期に盛んに作られる和菓子、東濃・中津川の名物 “栗きんとん”。加子母にある、創業100年の老舗の和菓子店「仁太郎」(にたろう)。このお店の“栗きんとん”は、一つ一つ丁寧に素材にもこだわって手作りされます。
番組では、“栗きんとん”の製造方法を店主のインタビューを踏まえて紹介。さらに、“栗きんとん”をアレンジした商品も合わせて紹介します。 (再放送:11月14日)

9月26日(月) 「釜渕豆腐店 釜渕のあげ」


毎日、大豆から手作りされている東白川村の特産品 “釜渕のあげ”。“釜渕のあげ”を作るのは、創業はおよそ100年前という老舗の豆腐店・釜渕豆腐店。一つ一つ丁寧に手作りされる“釜渕のあげ”は絶品。番組では、手作りにこだわる“釜渕のあげ”の製造工程を店主の話を交えて紹介していきます。 (再放送:10月10日)

8月29日(月) 「タナック 医療用模擬臓器」


各務原市にあるシリコン樹脂加工メーカーの「タナック」。創業は20年前の若い会社ですが、これまでに無い製品作りでさまざまなシリコン樹脂製品を生み出してきました。その中でも、本物さながらの模擬臓器は医師の間でも本物に近いと評判の製品です。
番組では、模擬臓器の製造工程を社長と技術者のインタビューを踏まえて紹介します。 (※よる10時48分からの放送となります。再放送は9月12日。)

7月25日(月) 「とよだや みょうがぼち」


本巣郡北方町の「とよだや」。創業90年以上の老舗の和菓子店です。ここでは、季節の和菓子をはじめ、さまざまな生菓子を作っています。その中で夏の風物詩として楽しまれているのが、西美濃・本巣の名物 “みょうがぼち”。
番組では、「とよだや」が作る伝統の“みょうがぼち”の製造過程を職人・店主の話を交えて紹介していきます。 (再放送:8月8日)