スマートフォンサイトはこちら







Home
next stageIII −prism− 名古屋芸術大学大学院生および研修生の新しい日本画



日本画という言葉に対し、多くの人は「水墨画」「掛け軸」「屏風」といった内容を連想します。しかし現代の日本画には従来のスタイルだけではなく、現代美術としての側面も含んでおり、今後も時代に呼応し、表現の枝葉を伸ばし続けていく可能性を持っています。若い作家の感性が描く「新しい日本画」は絵画ファンの方のみならず、日常あまり美術と接点の無い方々の心にも何かを訴えかけることでしょう。